Morrowind初心者ガイド 2

2. スキルの選び方

MorrowindではSkyrimとは違い、Oblivionと同様に、プレイヤーキャラクターにクラスの概念がある。
メジャースキル(Major Skills)5つ、マイナースキル(Minor Skills)5つを選び、残りはその他のスキル(Misc Skills)という扱いとなる。
メジャースキルに選択したスキルは初期値+30、マイナースキルは+15のボーナスを受ける。
キャラクターのレベルアップは、このメジャースキルまたはマイナースキルを上げることでなされる。


 

image

 クラスの選択の仕方は3種類あるが、ここでは3つ目の、カスタムクラスを作成する方法を推奨する。この方法では、プレイヤーが好きなスキルを自由に選択できるため、自分の望む能力のキャラクターを作ることができる。

「3. 行動の成功率」で詳しくは後述するが、Morrowindにおいてほぼ全ての行為の成功率はスキルの値に依存しているため、序盤から使いたいスキルはメジャースキルか少なくともマイナースキルにしておかないと苦労することとなる。

どのようなスキルがあるかは、Morrowind: Aethereal sideのデータベースの「Skills(スキル)」の項目に詳細に書かれているため、そちらを参照することを勧める。

それから、Morrowindにおいてはスキルの値が所属している組織における昇進の要件の一つになる。加入したい組織を決めている場合は、その組織が好むスキルを考慮してスキル構成を選ぶとプレイの効率が上がる。どの組織がどのスキルを要求してくるかは「7. 組織」で後述する。

なお、しばらくプレイを続けプレイヤーキャラクターの金銭的余裕が十分になった際は、スキルトレーナーに金銭を支払うことで、ゴールドがある限りスキルを上げることができる。そのため、メジャースキル・マイナースキルを選ぶ際は、「序盤から使用したい」スキルを選ぶとよいかもしれない。

さて、筆者の考えるスキルの選び方は以下の通りである。

  • メジャースキルに近接物理攻撃系のスキルを一つ入れる。
    Blunt Weapon(鈍器)Long Blade(長剣)Axe(斧)Spear(槍)Short Blade(短剣)から好みで選ぶとよい。
    Hand-to-hand(素手)はスタミナを0にしない限り体力へダメージを与えることができないので、メインの攻撃手段として用いることは推奨しない。
  • 遠距離攻撃の手段として弓・クロスボウ・投擲武器を用いたい場合、命中率の関係上、Marksman(射撃)のスキルもメジャースキルにすることを推奨する。
  • 盗賊プレイをしたい場合は、メジャーまたはマイナースキルにSecurity(解錠)を選択しないと、鍵を開けられず序盤はフラストレーションを貯めることになると思われる。
  • Speechcraft(話術)はクエストをこなすにはとても大切なスキルである。少なくともマイナースキルにはしておくとスキルの値が初めからある程度ある状態で始められる。
    序盤に使えないことを我慢して、お金が貯まってきてからスキルトレーナーに訓練してもらうという手もあるが。
  • 装備はHeavy Armor(重装)Medium Armor(中装)Light Armor(軽装)から好みのものを選び、メジャースキルへ。
    Unarmored(非武装)は防御力が貧相であるため、ロールプレイ上の目的でもない限りお勧めしない。
  • MorrowindにおいてはOblivionと同様に武器・防具に耐久度の概念が存在するため、Armorer(鍛冶)をマイナースキルにでも入れることを勧める。
    あるいは、序盤の低品質な装備であれば店での修理費はそれほどでもないため、後で訓練するのであればメジャー/マイナースキルに入れなくともよいかもしれない。しかし、高級で質の良い装備になるほど修理費は高くなるため、中盤・終盤においてはArmorerのスキルレベルはある程度上げることをお勧めする。
  • 魔法は、どのようなキャラクターを作りたいかを考え、好きなようにスキルを取ればよいと思う。
    ただし、今作のMysticism(神秘魔法)ではMark(マーク)とRecall(リコール)による指定地点へのワープ、およびDivine / Almsivi Interventionによる聖堂へのワープができるため、移動の簡略化のために余裕があればMysticismをマイナースキルには入れておくことをお勧めする。付呪されたアイテムで代用することもできるが。
  • 後は、盗賊系キャラクターにしたいならSneak(隠密)を取得する、片手武器を使いたいならBlock(盾防御)も取るなど、目指すプレイスタイルに合わせて好きなようにスキルを構成するとよい。

 

補足1

image

 選択した種族によって、スキルの初期値にボーナスが付く。どの種族がどのようなボーナスを得るかは、Morrowind: Aethereal sideのデータベースの「Races(種族)」の項目に詳細が書かれている。

 

補足2

魔法攻撃をメインにしたい場合、Morrowindのバニラ環境ではマジカが自然回復しないため(休憩すれば回復するが)、自然回復するようになるmodを導入することを勧める。

 

キャラクター作成例

image
image

 カスタムクラス名はAlchemist(錬金術師)。

スペシャリゼーション(特化)はマジックを選択することで、魔術師らしさを増すように図った。同時に主要アトリビュート(能力値)にウィルパワーを選択することで、呪文詠唱の成功率が少しでも上がるようにした。

メジャースキルには、錬金術師らしくAlchemy(錬金術)を第一に取得。
戦闘のためにBlunt Weapon(鈍器)、Medium Armor(中装)、Destruction(破壊魔法)をセット。
Illusion(幻惑魔法)は隠密行動のためのInvisibility(透明化)、戦闘補助のためのParalyze(麻痺)、Sound(騒音:呪文詠唱の成功率を下げる)を使用したいため選択。

マイナースキルには、Water Breathing(水中呼吸)、Water Walking(水上歩行)、Feather(軽量化)、Levitate(浮遊)など移動に何かと便利なものが揃うAlteration(変性魔法)。
先述した通り、同じく移動に便利なMysticism(神秘魔法)。
射撃攻撃のためのMarksman(射撃)。
敵に気付かれずに先制攻撃をするためのSneak(隠密)。
そして、クエストに大いに役立つSpeechcraft(話術)。

このキャラクターのコンセプトは、戦鎚などの鈍器による攻撃と、中装鎧による防御力と重量負荷の両立。数々の魔法によるサポートといったところか。

スキルの選び方に関する私見の説明は以上である。分かりにくいところなどあれば、気軽に質問していただきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中