Morrowind初心者ガイド 豆知識1

豆知識1. アリーレのトレードハウス(Arrille’s Tradehouse)

image

オープニングのチュートリアルの最後は、上記のように、アリーレのトレードハウスへ行くことを勧められて終了する。
しかし、こう指示されているにもかかわらず、筆者は初プレイ時にアリーレのトレードハウスに入ることができなかった。
本章では、まず当施設への進入の仕方を解説する。

プレイヤーキャラクターのクラス決めなどを行うCensus and Excise Office(人口調査・税務事務所)を出て左手を見ると、鹿のような看板を掲げた建物がある。これがアリーレのトレードハウスであるが、広場に面している入り口から中に入ろうとすると、扉が閉まっていることに気が付く。

image

 閉店時間なのだろうかと思ってしばらく待機してみても無駄である。時間や曜日によってNPCの行動が変化するようになったのはOblivionからなのだ。Morrowindにおいては、NPCは常時同じ行動をしており、夜であろうと眠らないし時間により店を閉店することもない。

ではどうすればよいか。もう一度扉の表示をよく見て欲しい。この扉は”Back Door”すなわち勝手口である。

 

image

 プレイヤーから見て建物の裏に回れば、正門があるのだ。

image

 村の人々が行き交う広場に入り口が面していない構造はトレードハウスとして致命的なのではないかと思うが、これで中に入ることができる。

 

image

 店主のアリーレは、小さな村の雑貨屋としては様々な商品を売っている。Short Blade(短剣)をメインスキルとした場合はチュートリアルでダガーを入手できるので何とかなるが、それ以外のクラスの方はここで自分の適性に合った武器を買うといい。アリーレは一通りの安価な鉄の武器を販売している。釈放時の給付金はわずかな額であるが、金に余裕があれば防具も購入できる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中