Morrowind初心者ガイド 3

3. 行動の成功率

A. 物理攻撃の命中率

物理攻撃が命中するかどうかは、視覚的に標的に攻撃が当たっているかどうか以外に、内部処理で判定されている。

具体的には、
攻撃側の命中率 – 防御側の回避率
で決まる。

攻撃の命中率は、以下の式で算出される(UESPより引用、筆者訳)。

(武器スキル + (Agility / 5) + (Luck / 10))
× (0.75 + 0.5 × 現在のスタミナ値 / スタミナ最大値)
+ Fortify Attackの度合い – Blindの度合い

すなわち、原則として攻撃の命中率に関与するのは、

  1. その攻撃に用いた武器のスキル値
  2. ステータスAgility(敏捷)Luck(幸運)の値
  3. スタミナの残存率

の三要因である。

 武器のスキル値は、「2. スキルの選び方」にて先述した通り、愛用したいスキルをメジャースキルにすることである程度カバーできる。後は、その種類の武器を使用し続けることで自然とスキル値は上がっていくであろう。

 Agilityはキャラクター設計時に主要アトリビュートに選択すれば+10のボーナスが付く。選択しなくとも、レベルアップ時に上げることができる。Morrowindでは前のレベルアップから現在のレベルアップまでに上昇させたスキルの程度によってどのステータスをどの程度上げられるかが決まるため、プレイヤーキャラクターの育成の仕方次第でAgilityを上げやすくも上げにくくもなる。Agilityを上昇させるスキルは、Block(盾防御)、Light Armor(軽装)、Marksman(射撃)、Sneak(隠密)である。
 Luckも関与はしているが、その影響はAgilityの半分であり、かつレベルアップ時は1ずつしか上昇させることができないため、あまり神経質に上げようとする必要もないであろう。

スタミナの残存率は、高ければ高いほど命中率が上がる。戦闘をするその場で管理する要素であるため、常時気にかけておく必要がある。スタミナは走ると減るため、スタミナ回復の手段が乏しい序盤は無闇に走らないことを勧める。その代償として移動速度が遅くなるゆえ、序盤は耐えるかmodで対処をする。
また、攻撃をすることでもスタミナは減る。そのため、もし攻撃が当たらなかった場合は、闇雲に攻撃を繰り返してさらにスタミナを減らし命中率を下げるのではなく、落ち着いてスタミナを回復させてから再度攻撃してはいかがであろうか。
なお、ゴールドに大幅な余裕ができた際は、スタミナ回復の常時効果が付呪された防具か服・装飾品を作ればプレイがかなり楽になる。

なお、Morrowindの近接武器にはそれぞれ、Chop(チョップ)、Slash(スラッシュ)、Thrust(スラスト)の三種の攻撃手段それぞれに攻撃力が設定されている。Morrowindにおいては攻撃を繰り出すときの移動によってこの三種の攻撃手段を使い分けることができるのだが、筆者はそのようなアクション要素は苦手なため、設定で常にその武器に最適な攻撃方法が繰り出されるようにしている。

 

B. 呪文詠唱の成功率

魔法の成功率は、以下の式で算出される(UESPより引用、筆者訳)。

(魔法のスキル × 2 + Willpower / 5 + Luck / 10 – 呪文の消費マジカ – Soundの度合い)
× (0.75 + 0.5 × 現在のスタミナ値 / スタミナ最大値)

すなわち、原則として魔法の詠唱成功率に関与するのは、

  1. その呪文が属する魔法分野のスキル値
  2. ステータスWillpower(意志力)Luck(幸運)の値
  3. その呪文の消費マジカ
  4. スタミナの残存率

の四要因である。

魔法分野のスキル値は、上記Aと同様、序盤から使用したい魔法分野はメジャースキルかマイナースキルにしておくとよい。例えば、Mysticism(神秘魔法)のワープを付呪アイテムではなく自前の魔法で使いたいのであれば、これをメジャー/マイナースキルに入れる。

WillpowerもAgilityと同様に、最初に主要アトリビュートに指定すれば初期値に+10のボーナスが付き、レベルアップ時にも上げることができる。効率的にWillpowerを上げるためには、Alteration(変性魔法)、Destruction(破壊魔法)、Mysticism(神秘魔法)、Restoration(回復魔法)を鍛える必要がある。

呪文の消費マジカは、消費量が多い呪文ほど成功率が下がる。基本的に、強力な魔法であるほど消費マジカ量は多くなるため、スキルが低い間は、威力も弱めではあるが消費マジカが低い呪文を買うか自作するかして、その魔法分野を鍛錬するとよい。

スタミナの残存率は上記Aとほぼ同様である。なお、スタミナの最大値は能力値のStrength、Willpower、Agility、Enduranceの合計値で決まる。

 

C. その他の行動の成功率

Sneak(隠密)にはスキル値、AgilityとLuck、ターゲットまでの距離、スタミナの残存率が影響する。

Security(解錠)にはスキル値、AgilityとLuck、ロックピックの質、スタミナの残存率、ロックのレベルが影響している。Morrowindの扉の解錠・罠の解除は、OblivionやSkyrimのようなミニゲーム要素はないため、上記の要素により成功率が決まる。

Speechcraft(話術)はスキル値、Personality、ターゲット(NPC)のSpeechcraftのスキル値とPersonality、Disposition(好意度)が影響する。

 

※執筆にあたり参考にしたウェブページ

Morrowind:Combat (UESP)
Morrowind:Spells (UESP)
Morrowind:Attributes (UESP)

Morrowind:Fatigue (UESP)
Morrowind:Sneak (UESP)
Morrowind:Security (UESP)
Morrowind:Speechcraft (UESP)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中