Morrowind初心者ガイド 5

5. レベルアップと能力値

A. レベルアップのシステム

Morrowindのバニラ環境では、メジャースキルまたはマイナースキルを何であれ10回上昇させると、レベルアップできるようになる。
レベルアップの準備が整えばシステムメッセージが表示される。その後、ベッドなどで眠ればレベルアップする。
なお、現時点で何回分メジャー/マイナースキルが上昇しているかは、ステータスメニューのレベルのところにカーソルを合わせると確認することができる。

image

メジャー/マイナースキル以外のスキルは、レベルアップに必要なスキル上昇数にはカウントされないが、レベルアップ時の能力値の上昇には関与する。どのスキルがどの能力値を上昇させるかは以下の表の通り。

 

能力値別 上昇させるために必要なスキル
Strength
ストレングス
Acrobatics
軽業
Armorer
鍛冶
Axe
Blunt Weapon
鈍器
Long Blade
長剣
Intelligence
インテリジェンス
Alchemy
錬金術
Conjuration
召喚魔法
Enchant
付呪
Security
解錠
Willpower
ウィルパワー
Alteration
変性魔法
Destruction
破壊魔法
Mysticism
神秘魔法
Restoration
回復魔法
Agility
アジリティー
Block
盾防御
Light Armor
軽装
Marksman
射撃
Sneak
隠密
Speed
スピード
Athletics
運動
Hand-to-hand
素手
Short Blade
短剣
Unarmored
非武装
Endurance
エンデュランス
Heavy Armor
重装
Medium Armor
中装
Spear
Personality
パーソナリティ
Illusion
幻惑魔法
Mercantile
商取引
Speechcraft
話術
Luck
ラック
なし

なお、スキルを上げた際に上昇する能力値は、ステータスメニューのスキルにカーソルを合わせることでも確認できる。

image

 レベルアップ時に上昇する能力値は最小1ポイント、最大5ポイントである(ただしラックは関連スキルがないため1ポイントずつしか上昇させられない)。

能力値の上昇に必要なスキルの上昇値は以下の通り。

  • スキルの上昇なし:1ポイント
  • スキル1〜4回上昇:2ポイント
  • スキル5〜7回上昇:3ポイント
  • スキル8〜9回上昇:4ポイント
  • スキル10回以上上昇:5ポイント

例えば、Alteration(変性魔法)を3回、Destruction(破壊魔法)を3回、Mysticism(神秘魔法)を4回上げたとすると、計10回上昇しているため、Willpowerは5ポイント上昇する。

効率を求めるのであればレベルアップごとに3つの能力値が5ポイントずつ上昇するように調節することとなるが、筆者はそこまで神経質にならずともよいと考える。この情報は、狙って上昇させたい能力値がある時にでも参考にしてほしい。

また、レベルアップ時には体力・マジカ・スタミナ・持ち運び可能重量も上昇する。

  • 体力はEnduranceの10%の値が上昇する
  • マジカはIntelligenceに種族・星座の影響を加味した値となる。
  • スタミナはStrength、Willpower、Agility、Enduranceの合計値となる。
  • 持ち運び可能重量はStrengthの5倍となる。

 

B. 能力値の影響

 各能力値が影響する項目は以下の通りである。

 

Strength(ストレングス、筋力)

  • 武器(射撃武器を含む)での与ダメージ量。
  • 武器での攻撃が成功した際の、武器の耐久度の損傷度。Strengthが高いほど武器は早く損傷する。
  • 持ち運び可能重量。Strengthの5倍となる。これが増加すれば、同じ重量を持ち運んでいても速く移動できる。
  • キャラクター作成時の初期体力値。
  • スタミナの最大値。

 

Intelligence(インテリジェンス、知性)

  • マジカの最大値。種族・星座の影響がない場合、Intelligence1ポイントにつきマジカを1ポイント得る。
  • アイテムに自分で付呪をする際の成功率。
  • Alchemy(錬金術)で自作した薬の効能。

 

Willpower(ウィルパワー、意志力)

  • 呪文詠唱の成功率。
  • マジカ属性の魔法(Paralyze(麻痺)とSilence(沈黙))への抵抗力。
  • スタミナの最大値。

 

Agility(アジリティー、敏捷)

  • 物理攻撃の命中力。
  • 敵の物理攻撃からの回避力。
  • Sneak(隠密)、Security(解錠)、Block(盾防御)の成功率。
  • Acrobatics(軽業)の効果の程度(ジャンプの高さ・距離などか)。
  • スタミナの最大値。
  • よろめきへの抵抗力。

 

Speed(スピード、走力)

  • 移動速度(歩行・走行・水泳・浮揚時)。
  • Acrobatics(軽業)の効果の程度。

 

Endurance(エンデュランス、持久力)

  • キャラクター作成時の初期体力値。
  • 体力の最大値。
  • スタミナの最大値。
  • 走行時・戦闘時に消費するスタミナの減少。

 

Personality(パーソナリティ、人柄)

  • NPCからの基礎好感度。Personality2ポイントにつき好感度は1ポイント上昇する。
  • NPCを(どの手段でも)説得する際の成功率。
  • 物品売買時の価格。

 

Luck(ラック、幸運)

  • 全ての行動に少しずつ影響する。

 

C. 上昇させる能力値の選択例

これはあくまで私見である。より効率的な方法があるかもしれないことを断っておく。

あらゆるタイプのキャラクターにとって最初から優先して上昇させるべき能力値はEnduranceであろう。なぜなら、体力はレベルアップした時点でのEnduranceの1割の値が上昇するからである。体力の増加量を増やすために、序盤からEnduranceは上げた方がよいと思われる。
移動速度に不満を感じる場合はSpeedも上昇させることを推奨する。Morrowindではファストトラベルがないため、交通網がある場所以外は自分の足で行かなければならない。移動速度が上がればいくらかゲームプレイが快適になるであろう。

あなたが戦士であるならば、優先して上げるべきなのはStrengthAgilityではないだろうか。
Strengthを上げれば単純に武器による与ダメージ量も増え、さらに重装鎧を好む場合、この鎧は防御力は高いが重量も重いため、持ち運び重量が増えることの恩恵も大きい。
物理攻撃を確実に命中させるためにはAgilityを上げることも欠かせない。

闇に潜む盗賊となりたいのであれば、重要な能力値はAgilityPersonalityであろう。
Agilityはステルス行動のSneak(隠密)、Security(解錠)のどちらにも関与している。
Personalityは舌先三寸で人を意のままに操るクレバーな悪党を演出するのに使える。

魔術の道を探究するのであれば、上昇させるべきはIntelligenceWillpowerであろうか。
ただし、Intelligenceが関与しているマジカの総量は、後から上昇させたとしても体力のように成長が少なくなるわけではないため、呪文を唱えるのに十分なマジカを確保できているのであれば神経質に上昇させることもないかもしれない。
反対に、Willpowerは呪文詠唱の成功率に関与しているため、初期から上昇させることが望ましい。

最後に一言。Morrowindはキャラクター育成の仕方を間違えたからといって難易度が跳ね上がるわけではないため、あまり神経質にならず、好きなようにどの能力値を上げるか考えてみてほしい。

 

※参考にした主なウェブページ

Morrowind:Level (UESP)
Morrowind:Skills (UESP)
Morrowind:Attributes (UESP) と各能力値の記事

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中