Morrowind初心者ガイド 8

8. 物の保管場所

プレイヤーキャラクターが持ち運びできる物の重量には限度がある。そのため、どこか安全な場所に現時点では不要な物をしまいこんでおきたいと、どのプレイヤーも考えるだろう。この章では物の保管場所について述べる。

まず、SkyrimやOblivionをプレイした経験のある方は、収納箱がリスポーンし、中に入れていた物が消えてしまうことを恐れるだろう(中に物が入る物体を総称して、収納箱と本記事では呼称する)。しかし心配ご無用。Morrowindにおいては僅かな例外を除き、収納箱はリスポーンしない。例外は、戦士ギルド・魔術師ギルドにある、支給品が入っている宝箱である。

筆者は、交通の便を考慮し、バルモラやアルド・ルーンの屋外にある収納箱に私物を入れさせてもらっている。

image
image

 

では、どの収納箱に自分の物を入れてもいいのか。善人プレイをするのであればそれで構わない。しかし、衛兵に逮捕される機会があるようなロールプレイをする際は、気を付けなければならないことがある。

所有者が設定されている収納箱の場合、一度その箱にアイテムを入れ、取り出すと、たとえ盗品でなくてもそのアイテムには盗品属性が付いてしまう。それゆえ、何らかの犯罪を犯して逮捕された際、盗品ではないのにそのアイテムも没収されてしまうこととなる

これを避けるには、どの収納箱であれば所有者が設定されていないのかを知る必要がある。
その手っ取り早い方法は、”Smart Crosshair”というmodを導入することである。このmodはクロスヘアを改良する。MGE 3.8.0以上または MGE XE 0.9以上を導入していることが必須条件であるのでご注意を。

このmodの一つの機能として、取得すると盗みとなるアイテムや収納箱にカーソルを合わせた際、クロスヘアが赤色となり警告してくれる。
どういうプレイスタイルを取るとしても、この機能は役に立つであろう。

image

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中