ESO グループダンジョンでのロール別解説

ESOのグループPvEコンテンツであるグループダンジョンには、タンク一人、ヒーラー一人、DPS二人の四人で挑むのが一般的です。

ここでは初心者向けに、この三つのロールのそれぞれにおけるお勧めクラス、立ち回り方、推奨スキル・装備などについてざっと私なりに解説してみたいと思います。


タンク

[概要]

タンクの役割は、敵の攻撃を引きつけることで、敵の攻撃を一身に受け、他の味方を敵から守ることです。雑魚戦よりもボス戦にて真価を発揮します。
なので、タンクをする際は敵の攻撃対象を自分にするタウント(挑発)のスキルが必須です。

[お勧めクラス]

ドラゴンナイト

※他のクラスではタンクができないという意味ではありません。

 

[雑魚戦での立ち回り]

・戦闘を開始する。
(少しでも自分に敵のヘイトが集まるようにするため。後続がちゃんと付いてきているかのチェックをお忘れなく)

・とにかく敵をタウントし、雑魚達の攻撃ターゲットを自分にする。

・敵の足止めをする。

・複数の敵を一ヶ所に引き寄せ、DPSが一気に殲滅しやすいようにする。

 

[ボス戦での立ち回り]

image

・戦闘を開始する。

・とにかくボスをタウントし、ボスの攻撃ターゲットを自分にする。

・自分の防御力を上げ、容易に死なないようにする。

・味方三人とは、ボスを挟んで反対側に位置するようにする。
(ボスは正面に対して範囲攻撃を放ってくることがあるため)

・ボスに黄色い集中線が入ってから来る攻撃はガードする。

・ボスに赤い集中線が出現した場合はバッシュ(ガードを構えての攻撃)をし、ボスの攻撃を中断させる。

・テンプラーヒーラーが光の槍のようなものを投げてくれた場合は、シナジーを発動し(Xボタン)、スタミナを回復させる(光る雨の場合はマジカも回復する)。

 

[推奨スキル]

*タウント*

・片手武器と盾(One Hand and Shield)の一つ目のスキル、穿孔(Puncture)  
(スタミナ消費のタウントスキル、近距離用)

・アンドーンテッド(Undaunted)の三つ目のスキル、インナーファイア(Inner Fire)
(マジカ消費のタウントスキル、遠距離用。習得にはいくつかグループダンジョンをクリアし、アンドーンテッドのスキルラインを上げることが必要)

 

*敵の足止め*

・ドラゴンナイトの龍族の力(Draconic Power)の二つ目のスキル、闇の鉤爪(Dark Talons)

・ソーサラーの闇魔法(Dark Magic)の二つ目のスキル、包囲(Encase)

・同盟戦争(ALLIANCE WAR)の襲撃戦術(Assault)の三つ目のスキル、鉄びし(Caltrops)  
(正確には範囲内の敵の鈍足化スキル)

 

*敵を引き寄せる*

・ドラゴンナイトの熾烈なる炎(Ardent Flame)の一つ目のスキル、火の捕縛(Fiery Grip)

 

*自分の防御力アップ*

・ドラゴンナイトの龍族の力(Draconic Power)の一つ目のスキル、スパイクアーマー(Spiked Armor)

・ドラゴンナイトの龍族の力(Draconic Power)の三つ目のスキル、ドラゴンの血脈(Dragon Blood)

・ドラゴンナイトの大いなる大地(Earthen Heart)の三つ目のスキル、黒曜石の盾(Obsidian Shield)

・ドラゴンナイトの大いなる大地(Earthen Heart)のアルティマスキル、マグマアーマー(Magma Armor)

・ソーサラーのデイドラ召喚(Daedric Summoning)の四つ目のスキル、魔力の鎧(Bound Armor)

・ソーサラーのデイドラ召喚(Daedric Summoning)の五つ目のスキル、結界召喚(Conjured Ward

・ソーサラーの嵐の召喚(Storm Calling)の二つ目のスキル、稲妻形態(Lightning Form)

・テンプラーの回復の光輝(Restoring Light)の五つ目のスキル、ルーンフォーカス(Rune Focus)

・片手武器と盾(One Hand and Shield)の三つ目のスキル、防御態勢(Defensive Posture)

 

[推奨装備]

とにかく死なないことが大事ですから、防御力の高い重装鎧が最適です。

お勧めのクラフトセットは、スタミナタンク(能力値の割り振りをスタミナ主体とするタンク)ならヒスト樹皮(Hist Bark)セット(五個でガード時に20%のドッジチャンス)、マジカタンク(能力値の割り振りをマジカ主体とするタンク)なら霊なる瞳(Spectre’s Eye)セット(五個で、マジカ消費スキルを使用すると、六秒に三秒はドッジチャンス20%)です。

 

 

ヒーラー

[概要]

ヒーラーの役割は、味方を回復することにより、パーティーが倒れずに戦闘を継続できるように支援することです。
なので、ヒーラーをする際は、味方のヘルスを回復させるスキルが必須です。

 

image

 

[お勧めクラス]

テンプラー

※他のクラスではヒーラーができないという意味ではありません。
しかし、味方のスタミナ回復スキルを使えるのはテンプラーだけであり、このスキルに依存しているタンクやスタミナDPSも存在します。

 

[立ち回り]

・体力が減った味方に対してダイレクトヒールをする。

・常時味方にHoT(Heal over Time; 時間経過によりじわじわと回復する)スキルを振りまく。

・味方のリソースを回復する。

・味方の強化をする。

・味方へ回復スキルが届く範囲内で、敵とは距離を置く。
(敵の攻撃に巻き込まれての即死を防ぐために)

・余力があれば味方の蘇生をする。
(カグレナクを着込み、テンプラーの蘇生速度上昇のパッシブを取っていればかなり素早く蘇生できます)

 

[推奨スキル]

*ダイレクトヒール*

・テンプラーの回復の光輝(Restoring Light)の一つ目のスキル、救命の儀式(Rushed Ceremony)

・テンプラーの回復の光輝(Restoring Light)のアルティマスキル、通過儀礼(Rite of Passage)

・回復の杖(Restoration Staff)の四つ目のスキル、魔力の壁(Steadfast Ward)

 

*HoT*

・テンプラーの回復の光輝(Restoring Light)の四つ目のスキル、浄化の儀式(Cleansing Ritual)

・回復の杖(Restoration Staff)の二つ目のスキル、再生(Regeneration)

 

*味方のリソース回復*

・テンプラーの回復の光輝(Restoring Light)の三つ目のスキル、回復のオーラ(Restoring Aura)

・テンプラーのエドラの槍(Aedric Spear)の四つ目のスキル、槍の雨(Spear Shards)

・回復の杖(Restoration Staff)の五つ目のスキル、力吸引(Force Siphon)

 

*味方の強化*

・回復の杖(Restoration Staff)の三つ目のスキル、守護の祝福(Blessing of Protection)

 

[推奨装備]

マジカベースのスキルを扱いやすくなる軽装鎧がいいでしょう。

お勧めのクラフトセットは、カグレナクの希望(Kagrenac’s Hope)セット(五個で蘇生速度上昇)、またはテンプラー以外のヒーラーでしたらマーラの目(Eyes of Mara)セット(五個で回復の杖のアビリティの消費マジカ減少)でしょうか。トレイト研究があまり進んでいない場合は、三個の特性研究で作成できる誘惑者(Seducer)セット(五個で消費マジカ減少)がお勧めです。

 

[補足]

テンプラーヒーラーのビルドとして私が使われてもらっているThe Batteryの邦訳をこちらでしています。

 

 

DPS

[概要]

DPSとはDamage per Second(一秒あたりのダメージ)の略で、その役割は敵を攻撃し、倒すことです。
なので、DPSをする際は、なるべく高い火力で敵を早く屠れるといいですね。

大別して、DPSにはスタミナ依存の攻撃スキルを用いるスタミナDPSと、マジカ依存の攻撃スキルを用いるマジカDPSの二種類があります。

 

[お勧めクラス]

どのクラスでもDPSはできると思います。

 

[雑魚戦での立ち回り]

・範囲攻撃スキルで雑魚を屠る。

 

[ボス戦での立ち回り]

・ボスに対して火力を集中させる。
(周囲に湧く雑魚を先に倒した方がいい場合もあります)

・ボスの範囲攻撃を受けないように注意。

・死んだ味方の蘇生を行う。

 

[推奨スキル]

スタミナビルドかマジカビルドか、クラスは何かによってかなり変わってきますので、ここでは省略します。

自分のクラスのアビリティに足して、スタミナビルドだと両手武器、二刀流または弓の、マジカビルドだと破壊魔法の杖のスキルを使うことになるのではないでしょうか。

理念を言うと、雑魚戦のための範囲攻撃スキル、ボス戦のための単体攻撃スキル・とどめスキル(体力が減った敵に対して威力が増すスキル)の他に、自分の攻撃力を強化するバフスキルや、自己ヒールスキルがあると心強いですね。

 

[推奨装備]

マジカDPSであれば軽装鎧、スタミナDPSであれば中装鎧

お勧めのクラフトセットは、マジカDPSであればジュリアノス(Law of Julianos)セット(スペルクリティカルやスペルダメージ上昇)、スタミナDPSであれば怒れるフンディング(Hunding’s Rage)セット(ウェポンクリティカルやウェポンダメージ上昇)でしょうか。
双子星(Twice-Born Star)セット(五個で二つのムンダスストーンをセットできるようになる)もお勧めですが、特性研究数が9個も必要なので、作られる人は限られてきますね。

 

[補足]

DPSの上げ方については、「DPSの上げ方あれこれ」でまとめてあります。

 

 

※最後に

英語を読むのが嫌でなければ、”eso <クラス名> <ロール名> build”で検索すれば色々なビルド案が出てきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中