WTFastをESO日本語版で使う方法

ここでは、エルダー・スクロールズ・オンライン(日本語版)にて、WTFastを接続するために私が使った方法を解説します。

WTFastとは何かというと、簡単に言えばネットワークの接続を適切にしてゲームのPingを下げてくれるもの、だと思う。詳しく知りたい人は各自調べてみてください。

私は、ソロプレイ時やグループダンジョンくらいでは困ることないのですが、シロディールでグループ組んで戦争に行くときはカクカクが気になるので、導入しています。

最初は無料体験もできますので、Pingの高さが気になる人は導入してみてはいかがでしょうか(ご利用は自己責任でお願いします)。

では、ESO日本語版でのWTFastの設定の仕方をご説明します。
WTFastのダウンロード・ログインはもうできているものとします(検索すればやり方を解説してくれているサイトはありますので)。

 

image

1) “Custom Games”を選択

2) “Add”をクリック

 

image

3) Nameは自分にとって分かりやすいものを適当に

4) Game executable fileは、自分がダウンロードした場所にあるeso64.exeを指定。
~~(自分がダウンロードした場所)~~/eso/The Elder Scrolls Online/game/client/にあるはず

5) Run with Launcherを選択し、DMMGamePlayer.exeを指定。
私の環境ではC:/Program Files (x86)/DMMGamePlayer/にあります

6) OKをクリック

 

これで、Custom Gamesから登録したESOを選択し、右下のPLAYボタンを押せば、DMM Game Playerが起動し、そこからESOを起動すればWTFastをかませてESOを使えるはずです。

 

 ESOをしばらくプレイしてから戻ると、こんな画面になっていたらちゃんと接続できています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中